【2020年】もはやSF!?アマゾンがもうすぐ自動配送を始めるかもしれない話

自動運転



もはやSF!?アマゾンがもうすぐ自動配送を始めるかもしれない話

2020年6月26日、米アマゾンが、自動運転技術開発の新興企業である米ズークス(Zoox)を買収すると発表しました。
お値段は10億ドル(約1,072億円)だそうです。
日経記事はこちら

これはどういうことかというと・・・。

アマゾンは自動運転技術を用いて、無人の自動配送を行おうとしているということです。

配送コストは大幅低減になるでしょうね。
そうなればネット通販の価格競争では、アマゾンがさらに優位になるのではないでしょうか。
初期の設備投資さえしてしまえば、あとはお得意のスケールメリット。
いつものアマゾンの戦略が、ここでも見られそうです。

配送ドライバーの方には残念なお知らせですね・・・。
これも時代の流れです。
あきらめて転職しましょう。

👇気になるズークス社の自動運転車の画像がこちら

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60885580W0A620C2I00000/
市街地を走行する米ズークスの自動運転車(2019年12月、米ラスベガス)=目良友樹撮影
出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60885580W0A620C2I00000/
アマゾンはズークス買収で無人配送の実現を目指す=ロイター

案外ふつうのワンボックスカーですね・・・。(ボソ)

自動運転が当たり前になり、新たな交通ルールなどが整備されていけば、このようなアマゾンの自動配送車が走り回るようになるのでしょう。

技術的な問題は既にほとんどクリアされているようなので、後は法整備と人々の意識の問題でしょうか。

まだアメリカでの話なので、日本に来るのはもう少し先かも。
それとも、言っている間に来るのかも。

ワクワクしてきますね。◝(⁰▿⁰)◜✧

アレクサ(Alexa)との連携も

配送とはあまり関係ないかもしれませんが、今後世に出回る一般客向け自動運転車には、アマゾンの人工知能(AI)として有名なアレクサ(Alexa)が搭載され、アマゾンの様々なサービスと連携されるかもしれません。

そうなると位置情報などのデータもアレクサが吸い上げ、アマゾンのデータベースはより強固なものになるでしょう。

これまでGoogleが独占していた位置情報データ。
Googleの地位が揺らぐことになるのでしょうか?
ここの動向もおもしろそうですね。

無人ロボットタクシーも開発中

アマゾンとズークスが2020年6月26日に行った共同声明によると、ズークスがこれまで行ってきた無人ロボットタクシーの開発も継続するようです。

いよいよ、車どころか免許もいらない時代になりそうですね。

タクシードライバーの方は早めに転職しましょう・・・。

実は以前にも開発されていた

無人の自動配送といえば、アマゾンは以前にこのようなロボットを開発し、試験的に運用していました(2019年1月)。👇

出典:PHOTOGRAPH COURTESY OF AMAZON

お名前は「Scout(スカウト)」
斥候(せっこう)、偵察兵という意味ですね。
なんか深読みしてしまう名前。笑

このロボットは、6つの車輪で歩道をトコトコと走り、玄関先まで商品を届けてくれるというものです。

しかし、現実の歩道はなかなか予測不可能なことが多すぎて、まだ技術的にも実用化は難しかったようです。

「人間が運んだ方がいいんじゃね?」
ってなったわけですね。残念。

しかし、その後もアマゾンはあきらめず、試行錯誤しました。

そして、アメリカのとある街の位置座標などをコピーして精密な仮想都市を作り上げ、その中をScoutに走らせてテストしているようです。

出典:PHOTOGRAPH BY AMAZON

なんか考えることが最先端すぎますね・・・( ゚Д゚)

これだけ投資をしてテストしているのですから、おそらくこちらのロボットも実用化させていくのでしょう。

ちなみにアマゾン以外にも自動配達ロボはたくさんあります。👇

Top 6 Delivery Robots – Self Driving (Autonomous) Delivery Robots
出典:https://www.youtube.com/watch?v=dagjQW_jgtE

まとめ

以上、アマゾンの自動配達技術への取り組みについてまとめました。

今回は「陸路」についてですが、ドローンなどを用いた「空路」も切り開いているようです。

アマゾンの動きをウォッチしておけば、未来のことが見えてくる。
そう思って日々学びながらこのブログを書いています。(๑•ㅂ•)و✧

ぜひ今後とも、「あま部」をごひいきに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました