【2020年7月】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を見るべき理由しかない話【俺ガイル】

オススメ作品
出典:Amazon.co.jp



『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』感想

大人気アニメやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(略称「俺ガイル」)を知っていますか?
原作ラノベの累計発行部数は全世界で1,000万部を突破し、数々の作品部門で1位を獲得しています。

1期で話題に、2期でクオリティがさらに上がり、2020年7月に3期開始!!
アマゾンレビューでは、「1期で★4 → 2期で★4.5 → 3期で★5」と高評価の連続!
勢いがとまらない「俺ガイル」

その魅力を、とことん語りつくします!(๑•ㅂ•)و✧

まだ見たことがない人も、ぜひ読んでいってくださいね。
(ネタバレしない程度に勢いよく語ります)

キャラクター

ひねくれた主人公「比企谷(ひきがや)」と、シビアすぎるヒロイン「雪ノ下(ゆきのした)」と、元気っ子ヒロイン「由比ヶ浜(ゆいがはま)」。
3人がとてもちょうどいいバランスなんです。

比企谷は、だれにも期待しない、孤独をつらぬく、冷めた読書家の男子です。
クラスメイトから名前すら覚えてもらえてない。
ひねくれた性格ですが、本質を見抜く鋭い目をもっており、実は頼れる一面も。

雪ノ下は、美人で校内一の才女ですが、性格に難があり孤立している女子です。
空気を読まず何でもズバズバ言うが、悪気はない。
彼女も読書家であり、豊富な語彙力を駆使した比企谷とのやりとりは見ものです。

由比ヶ浜は、明るい元気キャラで、誰とでも仲良くできるタイプの女子です。
その反面、雪ノ下と対照的で、空気ばかり読んでしまいがち。
能天気に見えるが繊細な面もあり、比企谷や雪ノ下の変化にいち早く気づくことも。

といった3人を中心に、物語が展開していきます。

(もちろん他のクラスメイト、教師、妹なども良いキャラしててGOOD!)

見どころ

この作品、なんといっても・・・

セリフがおもろい。

独特な言い回しと豊富な語彙力で、テンポよく語られるセリフ。

もちろんストーリーやキャラも良いのですが、主人公たちの会話や心の声が一番の見どころではないでしょうか!

Twitterでは俺ガイル名言BOTもたくさん存在するほど。

👇参考にいくつかセリフをまとめました。

主人公(比企谷)

「青春とは嘘であり、悪である。」

(君の眼は死んだ魚のような目だなと言われて)
「そんなDHA豊富そうに見えますか?賢そうっすね。」

「内輪ノリとか内輪ウケとか嫌いに決まってんだろ。
あっ、内輪もめは好きだ。なぜなら俺は内輪にいないからな。」

「スタンド使いとスタンド使いが惹かれあうように、ぼっちはぼっちを発見する能力に長けているらしい。」

「特殊で何が悪い?!英語で言えばスペシャルだ。なんか優れてるっぽいだろ。」

「ぼっちは平和主義者なのだ。無抵抗以前に無接触。世界史的に考えて超ガンジー。」


ひねくれとる。笑
生徒指導の常連です。
でもたまに名言が登場するのがいいんですよねー。

ヒロイン(雪ノ下)

「あなたのことなんて知らなかったもの。気にすることはないわ。あなたの存在から目を逸らしたくなってしまう、私の心の弱さが悪いのよ。」

「別に嫌いじゃないわ。ちょっと苦手かしら。」

(比企谷「お前さ、友達いんの?」)
「まず、どこからどこまでが友達なのか定義してもらって・・・」
(比企谷「あ、もういいわ。そのセリフは友達いないやつのセリフだわ。ソースは俺。」)

「あなた、あれが会話のつもりだったの?一方的に意見を押し付けているようにしか見えなかったけれど。気づかなくてごめんなさいね。あなたたちの生態系に詳しくないものだから。」


こっちもひねくれとる。笑
空気を読まずズバズバ言います。

ラブコメ?

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
っていうタイトルからしてラブコメっぽいですが・・・

恋愛イベントが起きない。笑

(いや全くゼロじゃないんだけど・・・)

主人公は恋愛とは徹底的に距離を置いています。
ヒロインと2ショットのときでも、顔色1つ変えない!
むしろ警戒している!
冷えきった心が清々しいです。笑

※ちゃんと2期からは起きます、たぶん。

ストーリー

やる気のないボッチ主人公が、強制的に「奉仕部」へ加入させられ、イヤイヤ人付き合いに巻き込まれていくお話です。

「奉仕部」とは、困っている人の手助けをする部活のこと。
(ここで唯一の部員だったヒロイン「雪ノ下」と出会います。)

ただの萌えアニメかと思いきや、わりとリアルな高校生活を描いています。
クラス内のヒエラルキーやグループ、高校生ゆえの未熟さなど。

どこにも属さず孤独を守る主人公は、外から高校生の生態系を観察しています。
妙に大人びていて、地味に鋭い分析。
「奉仕部」なので問題に巻き込まれますが、外道を地で行くような方法を考える。

自分だけが傷つく方法で、自分以外を助ける。

実は根がやさしいのが、彼の魅力なのでしょうか。
(すごく分かりにくいけど。)

2期でクオリティがさらにUP

2期がヤバい。(語彙力)

「1期は良かったのに2期は・・・」
とかいうアニメも多い中、2期以降も素晴らしい作品に仕上がっています。
制作チームの作品愛を感じます!

作画のクオリティがめちゃくちゃ上がってる。
ちょっとした表情の変化とかの描写がかなり繊細になってる。
OPもめっちゃ凝ってる。(3話目で・・・)

ストーリーも序盤からスゴい。(さらに語彙力)

どんどんおもしろくなっていきますよ!

真剣におもしろい

まじめな話をすると・・・

本作品は高校生を通して、「人間関係の妙」を見事に描いてると思います。

人に直接言いたいけど、言えないこともある。
自分でもできるけど、人にお願いした方がいいこともある。
あえて踏み込まなかったり、踏み込んだりする。

そんな微妙な問題に、主人公たち「奉仕部」が関わっていきます。

あー日本人だなぁ。
繊細だなぁ。

私は文学作品とか昔の名著も読むので分かるのですが、最近のアニメは文化的に相当高い水準の総合芸術に仕上がってきてるなと、しみじみ思います。

いや、大げさな話ではなく、割と真剣に!

とはいってもラブコメだから、笑い要素ありつつ、ドキドキ要素ありつつで楽しく見れるのがいいんですよね。

まとめ

てわけで、かなり勢いに任せたレビューになりました。

俺ガイル、ほんとおもしろいですよ。◝(⁰▿⁰)◜✧
現在3期が放送中です!

とにかく見てください!
見ない理由ないですよ!
(押し売り感すごい)

それでは。

今すぐ視聴する

コメント

  1. joker より:

    Really informative post. Really thank you! Much obliged. Ruthe Leonhard Quirk

タイトルとURLをコピーしました