CDを買う時代は終わった?音楽配信(ストリーミング)サービスとは?

UNLIMITED



CDを買う時代は終わった?

あなたはCDを買う派ですか?買わない派ですか?

私は音楽好きですが、買わない派です。
(一時期CDレンタルも使ってましたが、もうやめました。)

実は最近、音楽好きでもCDを買わない人が激増しています。(CD生産数などのデータはこちら

なぜでしょうか?

それは、音楽配信(ストリーミング)サービスが主流になりつつあるからです。

この点について、以下でわかりやすく解説していきます。

音楽配信(ストリーミング)サービスとは?

音楽配信(ストリーミング)サービスとは、インターネット上で配信される音楽を聴くサービスのことです。
WEBサイトやアプリで、好きな曲を選んで聴くスタイルです。

曲をダウンロードすることもできます。
特にスマホで音楽を聴く場合は、インターネット上で聴くと、通信料がかかってしまいます。
そのため、Wi-Fi環境でダウンロードしておくことで、通信料を気にせずいつでも聴くことができます。

最近の音楽配信サービスは月額制であることが多いです。
月額料金を払ってしまえば、そのサービスの音楽が聴き放題になるものがほとんどですね。

このような月額会員制のサービス方式は、「サブスクリプション」、略して「サブスク」と言われます。

参考までに、月額料金は1,000円以下であるサービスが多いです。

また、数千万曲が聴き放題になるサービスもたくさんあります。
相当マイナーな曲でなければ大体そろっています。

サービス月額楽曲数
Amazon Music
UNLIMITED
980円
プライム会員:780円
6,500万曲
楽天ミュージック楽天ペイ:980円
Apple決済:1080円
6800万曲
AWA980円6,500万曲
LINE MUSIC980円6,200万曲
Apple Music980円6,000万曲
Spotify980円5,000万曲
Google Play Music980円4,000万曲
👆主な音楽配信サブスク比較(2020年7月8日現在)

CD1枚買う値段で、毎月数千万曲が聴けてしまう…。
CDを買わない人が増えるのも納得できそうです。

CDを買わない理由

上で書いたとおり、音楽配信サービスはCDより圧倒的におトクです。
音楽を聴くだけであれば、音楽配信サービスを使った方がいいです。

👇お金以外の面で、CDを買わない理由もまとめてみました。

・CDプレイヤーなどの音楽再生機器が必要になる
・そもそも音楽再生機器を持っていないし、買うつもりもない
・スマホで手軽に聴きたいので、CDを買ってダウンロードするのが手間
・CDを買っても保管場所に困る

・サブスクでも音質が良いので気にならない


深く考えたことはありませんでしたが、「たしかに…」と納得してしまいました。
CDを買わない人が増えるのは自然なことかもしれません。

CDを買う理由は?

それでもあえてCDを買う人もいます。

CDをモノとしてコレクションしたり、ジャケット写真の裏面を眺めたり、歌詞カードをゆっくり読んだり、ディスクのデザインを楽しんだり、友達に貸したり…といったことは、CDを買わないとできませんよね。

また、好きなアーティストに貢献するためにCDを買うというファンもいるそうです。

他には、アイドルの握手券がついていたり、限定商品が特典でついていたりする場合は、それ目当てで買うという方もいますね。

こういった理由で、音楽配信サービスを知っていても、あえてCDを買う人は一定数います。

👇さらにいろいろな人の声が見たい方は、こちらのサイトにまとまっています。

CDを買っている人!買っていない人! | アイデア募集のミルトーク
◆あなたは現在CDを買っていますか。 ・CDを買っている人:あなたがCDを買う理由を教えてください。 ・CDを買っていない人:あなたがCDを買わない理由を教えてください。

まとめ

音楽を聴くだけなら、音楽配信サービスを使うのがオススメです。

聴き放題なので、好きなアーティストの曲だけでなく、知らなかったステキな曲に出会えたりもします。

ただ、CDの良さもあるので、音楽配信サブスクで曲を聴きつつ、本当に気に入った曲はCDを買って手元に置いておくというのも良いですね。

CDもいずれ、レコード盤のような「骨董品」になっていくのでしょうか?

それでは。

おすすめの音楽配信サービスは?

余談ですが、私は「Amazon Music Unlimited」をおすすめしています。

👇の記事で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました