「チルい曲」ってどんな曲?最新の音楽事情を解説!!【chill】

オススメ楽曲



「チルい曲」ってどんな曲?

「チルい」「チルする」「チルる」といった言葉を聞いたことがありますか?

最近、SNSなどで若者を中心によく使われるようになった言葉です。
以前は「エモい」という言葉が流行ってましたが、今はこちらの方がよく見かける感じ。

これは、英語の「chill out」(チル・アウト)からきています。

▶「chill out」って?
「落ち着いた」という意味。
もともとヒップホップ用語。
「落ち着く」「まったりする」「くつろぐ」などの意味で使われている。

音楽以外にも使いますが、音楽の雰囲気を指すことが多いですかね。
「チルい曲」という感じで使います。

今回は、「チルい曲」についてご紹介します!

「チルい曲」ってこんな曲

「チルい曲」に明確な範囲はありませんが、「 Lo-fi hip hop 」(ローファイ・ヒップホップ)というジャンルの曲が代表的だと思います。

👇こんな感じ。(上2つは私のお気に入りKabanaguさんの曲)

EVISBEATS – City of light
DJ Mitsu the Beats – halo

ビートの効いた、一定のテンポで進むゆったりしたサウンド。
ベースは、意図的に音を歪ませたジャズやヒップホップ。
現代風ながら、どこか古めかしさもある感じ。

そんな曲です。

リラックスを求める人たち

ちょっと深読み。
(説明くさいのが嫌いな人は飛ばしてね)

なんで「チルい」のが流行ってるのかなーと思って考えてました。
現代の若者は、「なんとなくリラックスを求めてしまう」のかなと。

チルい曲は、ゆったりとしつつ、どこか寂しく、都会でぽっかりと空いた空間にいるような、落ち着いた雰囲気をかもし出してくれます。

いそがしい現代の雑音の中、どこか癒しを与えてくれる、そんな音楽です。
自分だけの癒しの空間を作り出してくれます。

色んなシチュエーションに合う

「あーなんか、だるいな」ってときに、私はよく聴きます。

雨の日とか、すごくいいですね。
ちょっと憂鬱になりそうなときとかも。(病んでないよ)

昼下がりにコーヒー飲んだり、夜にお酒飲みながら聴いたり、寝る前にかけて聴きながら眠ったりもします。

勉強用・作業用BGMにもピッタリです。

落ち着きたい色んな場面に合うので、とてもいいですよ。

音楽以外の「チルい」

音楽以外にも「チルい」は使われていますね。

なんかこう、言葉にできない感じ。
でも「なんかいい」みたいな。(語彙力)

なつかしさ、切なさ、リラックス、オシャレ、都会の中のレトロ、デジタル時代のアナログ。
そういったものの複合的な感情・雰囲気・世界観なのでしょうね。

言葉なんて、使う人によっても時代によっても変わります。
ふつうに使う分には、ムリに定義しようとしなくてもいいですね。

オススメのチルい曲

ではオススメのチルい曲をご紹介します。
YouTubeで聴けるものばかりです。

L'indécis – Soulful
Just wanna stay here forever ~ lofi hip hop mix
Kabanagu – faulty

👇ライブ配信でずっと流れているものも多いですね。

lofi hip hop radio – beats to relax/study to
lofi hip hop radio – beats to sleep/chill to
Tokyo LosT Tracks -サクラチル- 24/7,lofi beats,chill,relax,study to,radio,#StayHome

どれも良いですが、一番下の『Tokyo LosT Tracks -サクラチル-』が私的イチオシ。
Amazon Music」にプレイリストもあります。

プレイリストはこちらから再生

EchoEcho Dotなどのスマートスピーカーを使えば、部屋に高音質で「チルい曲」を流せます。

まとめ

「チルい曲」や「チルい」という言葉について紹介しました。

気になった方は、ぜひ聴いてみてくださいね。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました