「なにこの780円!?」アマゾンから身に覚えのない請求がくる理由【徹底解説】

Amazon



アマゾンから身に覚えのない請求がくる理由

あなたはこんな経験ありませんか?

クレジットカードの利用明細を見ていると・・・

AMAZON.CO.JP 780円

「あれ?こんなサービス利用した覚えがない!!」

なぜか身に覚えのない請求が来ています。
有料サービスを契約した記憶はないけど・・・。

実はこれ、アマゾンの有料音楽配信サービス「Amazon Music UNLIMITED」の月額料金なんです。
(通常会員は980円、プライム会員は780円)

このように、契約した覚えがないのに請求が来ている方は結構いるようです。
👇アマゾンのレビューより


出典:Amazon.co.jp
出典:Amazon.co.jp

今回は、身に覚えのない請求の理由と、無料体験の注意点を解説します!

アマゾンの有料サービスの無料体験

アマゾンにはいくつか有料のサービスがあります。
たとえば、

プライム会員(Prime Video、Prime Music など含む)
Amazon Music UNLIMITED
Kindle UNLIMITED
Audible

などがありますね。

これらには無料体験期間が設定されており、はじめの一定期間は無料で利用することができます。
無料体験自体はおトクでいいですよね。

しかし、無料体験期間が終了すると、自動で継続更新され、有料へ移行します。
つまり、無料体験だけして止めたい方は、無料体験期間が終わる前に解約する必要があります。

解約を忘れていると、身に覚えのない請求が来ていて驚いたりします。

冒頭で見たように、利用していないサービスを忘れていて、無料体験期間が過ぎても放置している人は結構いるようです。
(実は私も3か月間気付かずに支払っていました・・・。笑)

各サービスの無料体験期間の一覧表

主なサービスの無料体験期間をまとめました。

サービス名無料体験期間期間終了後の月額料金
プライム会員
(Prime Video、Prime Music など含む)
30日間500円
Amazon Music UNLIMITED90日間980円
(プライム会員は780円)
Kindle UNLIMITED
30日間980円
Audible
30日間1,500円

アマゾンから身に覚えのない請求が来た場合、この表の月額料金を参考に、無料体験へ申し込んだサービスがないか思い出してみてください。

アマゾンに登録しているメールアドレスのメールをチェックすると、手がかりが残っているかもしれません。

原因がわかったら、不要なサービスはすぐに解約しましょう。

なぜ気付かないのか?

無料体験へ申し込んだことを忘れたり、請求がきていても何か月も放置してしまったりする人が結構いるようです。

なぜ気付かないのでしょうか?
理由をいくつか考えてみました。

理由①申し込みがカンタンすぎて記憶に残らない

アマゾンでは、有料サービスの無料体験へ申し込む際、ほんの数クリックで申し込みが完了してしまうものばかりです。

また、スマートスピーカーのエコー(Echo)シリーズでも申し込みが可能です。
声で操作するだけでカンタンに申し込めてしまうのです。

これは便利である反面、申し込んだ意識が薄いので危険だと思います。

オススメは、無料体験へ申し込んだタイミングで、カレンダーなどに無料体験の終了する日を記録しておくことです。

1日でも過ぎてしまうと料金が発生するので、余裕をもって解約しましょう。

理由②請求項目が分かりづらい

こちらは私が利用している楽天カードの利用明細です。

ここでは請求項目が「AMAZON.CO.JP」と書いてあるだけで、具体的に何のサービスで請求されているかが分かりません。

たしかにこれでは買い物した商品の請求などに紛れてしまい、気付かずに放置してしまいそうです。

こまめに利用明細はチェックしておきましょう。
「ん?」と思ったら、金額や日付から何の請求か確かめましょう。

理由③プランの違いが分かりづらい

アマゾンの有料プランの種類が分かりづらいのも原因になっていると思います。

たとえばアマゾンの音楽配信サービス「Amazon Music」では、プライム会員であればだれでも200万曲以上が聴き放題という「Prime Music」があります。

それだけで物足りないという方については月780円余分に支払って、6,500万曲以上が聴ける「Amazon Music UNLIMITED」へアップグレードできます。

この Prime Music ➡ Amazon Music UNLIMITED のアップグレードに無料体験90日間が付いているのです。(2020.7月現在)

ちょっとややこしいですよね。
「音楽が聴き放題」とまとめてしまうと、ごっちゃになってしまいます。

👇イメージを図にしてみました。

PRIMEとUNLIMITEDの関係

・プライム会員は200万曲
・月々+780円で6,500万曲のUNLIMITEDにアップグレード:90日間無料期間あり

と覚えておきましょう。
逆にUNLIMITEDを解約しても、プライム会員であれば200万曲は聴けます。(図の①)

プライム会員でない人がゼロからUNLIMITEDを申し込む場合の月額料金は980円です。(図の③)
こちらも無料体験90日間が付いています。

ちなみに、プライム会員自体の無料体験も30日間あります。

解約する方法

それぞれのサービスについて、解約する方法を紹介します。

途中で解約しても登録の最終日(無料期間終了日)まではサービスを利用できます。

はじめから継続する気がない方は、登録後すぐに解約してしまった方がいいですね!

以下、画像の出典は全てAmazon.co.jp

プライム会員

アマゾンの公式サイトへ行きます。

👇右上の「アカウント&リスト」をクリック

👇「プライム」をクリック

👇「プライム会員情報」をクリック

👇「プライム無料体験と特典利用を止める」をクリック

Amazon Music UNLIMITED

アマゾンミュージックの公式サイトへ行きます。

👇右上の「Amazon Musicの設定」をクリック

👇「会員登録をキャンセルする」をクリック

👇該当する理由にチェックを入れ、「理由を選択しキャンセルに進む」をクリック

👇「キャンセルに進む」をクリック

👇「確認し、登録をキャンセル」をクリック

Kindle UNLIMITED

アマゾンのKindle UNLIMITED解約ページへ行きます。

👇左下の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック


👇「メンバーシップを終了する」をクリック

解約完了です。

まとめ

いかがでしょうか。

知らず知らずのうちにお金が流れ出ているのは、もったいないです。

アマゾンから身に覚えのない請求が来た場合、すぐに原因を特定して、不要なサービスであれば解約しましょう。

無料体験はとても便利でおトクですが、忘れて放置しないように気を付けたいですね!

それでは。

コメント

  1. JgscAnomb より:

    essays on social security basic essay writing format essay writing grade 5

タイトルとURLをコピーしました