なぜ、人はアマゾンプライム(Amazon Prime)に加入するのか?【もはやインフラ】

プライム会員
出典:Amazon.co.jp(プライム公式HPトップ)



なぜ、人はアマゾンプライム(Amazon Prime)に加入するのか?

アマゾン(Amazon)でお買いものする方は最近増えています。
いつでもどこでも手軽に使えて便利ですよね。
では、アマゾンでお買いものする方へ質問です。

アマゾンプライム(Amazon Prime)に加入していますか?

「聞いたことはあるけど、よくわからない」
「お金かかるんでしょ?」
「そんなにアマゾン使わないし・・・」

という方も多いと思います。

私も1年間ほど、アマゾンプライムに加入せずにアマゾンを利用していました。
しかし、メリットの多さに気づいてから、すぐに加入を決めました。(๑•ㅂ•)و✧

実際、プライム会員数は年々増えています。
(2018年4月に1億人→2020年1月に1.5億人突破)

なぜでしょうか?

今回は、アマゾンプライムに加入する人が増えている理由を解説します!

そもそも、アマゾンプライムとは?

とその前に、アマゾンプライムについてカンタンに説明します。

アマゾンのサービスが、より快適に利用できるようになる会員サービスです。
いわゆる「VIP待遇」ですね。◝(⁰▿⁰)◜✧

ショッピングなどアマゾン自体は無料でも利用できますが、プライム会員になると便利さが格段に上がります。

また、プライム会員にしか利用できないサービスがたくさんあります。

以下でくわしく見ていきましょう!


👇をクリックすると、公式サイトへ行けます。

理由①サービスが充実している

出典:Amazon.co.jp(プライム公式トップ)

アマゾンプライムに加入すると、以下のようなサービスや特典があります。
1つずつ簡単に説明しますね。

送料無料

出典:Amazon.co.jp

通常会員であれば、お買い物をするときに2,000円以上買わなければ送料が無料になりません。
しかし、プライム会員になれば、常に送料が無料になります。

当日お急ぎ便

出典:Amazon.co.jp

お買いものをするとき、当日配達が可能になります。(一部商品、一部地域を除く)

お届け日時指定便

出典:Amazon.co.jp

お買いものをするとき、配達日時を指定することができます。

プライム・ビデオ(Prime Video)

出典:Amazon.co.jp(プライムビデオHPトップ)

1万作品を超える映画・アニメ・ドラマなどの映像作品が見放題のサービスです。

プライム・ミュージック(Prime Music)

出典:Amazon.co.jp(プライムミュージックHPトップ)

200万曲を超える音楽が聴き放題、ダウンロードし放題のサービスです。

プライム・リーディング(Prime Reading)

出典:Amazon.co.jp(プライムリーディングHPトップ)

1000冊を超える電子書籍が読み放題になるサービスです。

キンドルのアプリを使えば、どこでも電子書籍を読めます。

アマゾン・フォト(Amazon Photos)

スマホやデジカメの写真を品質劣化なしで無限に保存できるサービスです。

アマゾンフォト公式サイトへ

会員限定セール

プライム会員限定のセールで商品の割引を受けられることがあります。
通常会員とプライム会員で、別々の値段が設定されているのです。Σ(・ω・ノ)ノ!

商品が数十%も割引されていることもあります。

また、「Amazonプライムデー」というプライム会員限定の大規模なセールが行われることもあります。

他にもここで紹介しきれないほど、プライム会員は様々なサービスや特典を受けることができます。

理由②月会費が安すぎる

出典:Amazon.co.jp

プライム会員になるためには、毎月会費を払わなければいけません。
しかし、その会費がめちゃくちゃ安いのです。

上の画像をご覧ください。

なんと、毎月500円から入ることができ、年単位で契約すれば毎月408円になります。

つまり、上の①で紹介したような特典をすべて、月408円支払うだけで得ることができます。
٩(ˊ ᗜ ˋ*)و

ちょっと計算してみる

ここで2つ例をあげて計算してみます。

例①2,000円以下の商品を買い、送料が500円だった場合

送料で500円かかるのであれば、プライムに1か月だけでも入って送料無料にした方がおトクです。

なぜなら、プライムに入れば映画や音楽など他のサービスもついてくるからです。

例②プライム会員限定割引のある商品の場合

アマゾンでおしゃれな帽子が売られていて、「ほしいな」と思ったとします。

値段を見ると5,000円でした。(ほかのお店で見ても定価5,000円でした。)

しかし、プライム会員であれば3,500円(30%オフ)の値段でした。
つまり、プライムに入って買えば、1,500円お得になるわけです。

「あれ?」

と思われた方。
そのとおりです。

1,500円はプライム会員の「会費3か月分」です。
どのみち買うのであれば、プライム会員になってしまったほうがお得なのです。

別の見方をすると、もともと5,000円で帽子を買おうとしていたところ、浮いた1,500円分で、プライム会員3か月分を実質「無料」で手に入れたということです。Σ(・ω・ノ)ノ!

理由③無料で試せる

「プライム会員になってみようかな」と興味を持った方もいるかもしれません。

でも、「いきなりお金を払うのはちょっと・・・」と思いますよね。

実は、アマゾンプライムには、30日間も無料体験がついています。
無料体験の期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

しかも驚きなのが、無料体験中も制限は一切なく、上の①で紹介したサービスをすべて利用することができます。

「どんだけサービス精神旺盛なの・・・」と思ってしまいます。笑

私も無料体験からはじめて、「これはお得だ!」と納得してから、有料でプライム会員を継続しました。
納得してからお金を支払う仕組みは、とても安心ですよね。(´ ー ` )

👇から無料体験できます。

そんな「うまい話」があるの?

「何か裏があるんじゃないの?」

ここまで読んでいて、こんな疑問をもった方がいるかもしれません。
(とくに興味がなければ読み飛ばしてください)

種明かしをすると、プライム会員が増えれば、アマゾン側にも大きなメリットがあります。

プライムのサービスを提供するコストは、お客さんが増えても大して増えません。

一方で、お客さんが増えれば、毎月安定してお客さんから入ってくるお金が増えます。
(こういった商売のしかたを「サブスクリプション」といいます。)

また、プライム会員が増えると、「アマゾンがお得!」と感じてアマゾンでお買いものする人が増えます。
すると自然に、楽天やYahoo! など、その他の通販サイトでお買いものする機会が減りますよね。
こうしてアマゾンのお客さんは増え、より安定して売上を伸ばすことができます。

このように、アマゾン側にも大きなメリットがあります。

でも、私たちお客さんの立場からすると、どのみち月408円以上の負担はないので問題ないです。◝(⁰▿⁰)◜✧
(実際、見覚えのない不当な請求などが来たことは一度もありません。)

まとめ

以上、アマゾンプライムについて解説してきました。
正直、値段の割にメリットが大きすぎるので、入らない理由がないレベルです。
現代のインフラとすら言えるのではないでしょうか。

「ちょっと気になる」
「やってみようかな」

と思った方は、ぜひ無料体験から始めてみてください

それでは、素敵なAmazonライフをお過ごしください。


👇からアマゾンプライム公式サイトへ行けます。

コメント

  1. JgscAnomb より:

    writing a contrast essay college algebra help order essays

  2. JgscAnomb より:

    junior research paper research paper roadmap help for college essays

タイトルとURLをコピーしました